16代目精進日記

カテゴリ:赤穂屋歴史( 3 )

赤穂屋の結納箱



こんにちは(^^



暑さで汗が止まらない中、今日は蔵の掃除をしました001.gif



するとこのようなものが、、、



d0230676_17151915.jpg




昔、お店で使用していた結納箱です^^


この箱にお着物や結納セット一式を入れて、お熨斗をかけて風呂敷に包んで
旦那さんになられる方のお宅に、吉日にお持ちしてたんですね024.gif



d0230676_17215041.jpg



箱の底の方には、ご使用が終わったら戻してくださいと記されています058.gif



この箱はたくさんの方の幸せな笑顔を見てきたんですね(^^

とても歴史を感じる一品です。



蔵にはいろんな品が眠っているので、見直してみたら面白いです051.gif

明日も掃除の際に、いろいろと見てみましょうかね(笑)




ありがとうございました001.gif



ランキングに参加しています、下の”着物・和装”を一日ワンクリックお願いします(^^
                         ↓ ↓ ↓                      
                       にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ

お手数をおかけします(^∇^;)応援クリックありがとうございました(^^


人気ブログランキングへ
by happykimono | 2013-06-12 17:27 | 赤穂屋歴史 | Comments(0)

お姫様の御結婚

今晩は(^^)



今日はお盆なので、その事と、少し昔の事を書かせてもらいたいと思います001.gif



こちらをご覧ください058.gif


d0230676_20513585.jpg




”お店紹介ページ”でも紹介させてもらっていますが、この文章は、臼杵市に保管されている
当店赤穂屋のお取引の文章で、オレンジに強調されている部分には


『元文4年(1739年)にお姫様の婚礼用品を購入した。』


と書かれております☆彡



当時の店主が京都に婚礼用品を買い付けに行き、お礼で銀を10枚頂いたようです001.gif
う~ん正直想像するのも難しいですね(笑)

しかしどのような婚礼用品だったか気になります、写真などがもし見つかったら、紹介させてもらいます!






それと本日は、何人かのお客様が、初の盆を迎えられましたので、両親や祖父とお参りに行かせて頂きました。



d0230676_2132473.jpg




その際に、あるお客様のご身内の方から、


     「着物を代代娘に受け継がせて行きたい」   「これからもお世話をお願いします」 
 
        「タンスの中を見てほしい」



というお言葉を頂き、さっそく秋口に伺う約束をしました。
亡くなられた方の代わりに、着物はお嬢様を優しく包んでくれることでしょう。

その大事なお着物を、代代守っていくということに、喜びと強い使命感を感じました。

今まで赤穂屋を守ってきて頂いたお客様に感謝をするとともに、少しでもその御恩返しができるように日々精進していきますので、ご安心して見守って頂けたら嬉しく思います。



本当に、ありがとうございました051.gif




ブログランキングに参加しています。みなさんの応援が励みになります(^^
お手間をかけますが、下のお地蔵さまを一日ワンクリックしてもらえれば嬉しいです

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ\(^o^)
ブログ村 着物着付け
by happykimono | 2011-08-13 21:57 | 赤穂屋歴史 | Comments(0)

生まれる前のお話

こんにちは(^^)

今日は親戚が、歴史を感じさせてくれるものを持ってきてくれました001.gif

d0230676_17141719.jpg


約50年前の店内の写真です!
この頃は、まだ絵羽があまりなく、写真のように反物を広げて見せるのが一般的だったそうです056.gif

【お店紹介】のページにも270年前に当時のお姫様が、婚礼用品を購入されたという文章を載せています。

赤穂屋の歴史からしたら、まだまだいろんな書物や品物があるとおもいますので、
このブログで紹介できたらなと考えています043.gif

こうして振り返ってみると、今まで赤穂屋で働いていた方々や、お客様のおかげで、自分が今ここで働くことができているんだと、改めて感謝の気持ちをもって顔晴っていこうと思います!(^^)!

少し長くなりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました058.gif
by happykimono | 2011-05-26 18:11 | 赤穂屋歴史 | Comments(0)